桃かすてら

e0371084_20113725.jpg
昨夜、亡くなった友人の妹さんから、大好きな『桃かすてら』が届いた。
昨年帰省した時、この妹さんと三十数年振りに会っていろんなことを話した。友人の亡くなった時のこと、お互いの越し方等々。
友人の一周忌まで、一人で全てを取り仕切ったご苦労も聞いていた。亡くなった友人が面倒をみていた、施設に入所している94才のお母さんを今は妹さんがお世話している。93才のお義母さんとは同居しながら。
長男ではないご主人が家業を継いだことで、義両親と同居しいずれはお世話もする覚悟だという。
実家のお母さんのお世話も五人きょうだいの末っ子である彼女の役割となった。頭が下がる。
愚痴でも何でも話したいことがあったら、何時でもいいから電話で聴くよと伝えた。このくらいしか出来ないけれど、少しでも力になりたいと思う。


by riki-haha | 2018-02-18 20:11 | Comments(0)