地球劇場

e0371084_21165609.jpg
BS日テレ『地球劇場~100年後の君に聴かせたい歌』
懐かしい曲ばかり。一瞬であの時代に戻った。
うたごえ喫茶でもフォークソングだけというのがあるけれど、行ってみたいな。
吉田拓郎は、何故か別格という感じがある。
『純情』こんないい曲を歌ってたんだなぁ。
さだまさしの『関白宣言』
「お前は家を捨てて、俺の所に来るのだから、これから俺がお前の家…」娘が聴いたら憤慨するような歌詞だけど、「これから俺がお前の家」なんていうのは、私はそんなに嫌ではないかも?!
走り抜けた青春。結婚して仕事しながらの子育てと介護。ひと区切りついてから、またあの頃の音楽を聴いて歌えるって嬉しい。
太田ひろみ『木綿のハンカチーフ』大好きな歌。いつまでも可愛らしさを失っていない女性だといつも思う。
加藤登喜子『百万本のバラ』うたごえ喫茶でもよくリクエストされる。原曲はラトビアの曲『マーラが与えた人生』と聞いた。

久しぶりに懐かしい曲を歌い、あの頃に戻った時間を過ごして楽しかったわ。






[PR]
by riki-haha | 2018-02-10 21:15 | Comments(0)